読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

旅行

瀬見温泉湯治宿『喜至楼』へ

// 山形県最上郡最上町にある小国川。 その清流に寄り添うように瀬見温泉の小さな温泉街があります。 以前訪れたのが2009年だったのでだいぶ久しい再訪になりました。 ■瀬見温泉オフィシャルサイト semi-onsen.com 新庄駅から奥の細道湯けむりラインで 山形…

仙台小旅行・駅前もつ焼き屋丸昌(マルショウ)へ

盆の連休に仙台へドライブ。 カメラはLUMIX G-1、レンズは超コンパクトレンズのオリンパスBCL-1580で。 OLYMPUS ボディキャップレンズ ミラーレス一眼用 BCL-1580 出版社/メーカー: オリンパス 発売日: 2012/10/12 メディア: 付属品 購入: 1人 クリック: 11…

思い出のレストラン「瀬見温泉・やまや食堂のカツ丼」

// ぐるなびお題「思い出のレストラン」 やまや食堂ジャンル:食堂・定食アクセス:JR陸羽東線瀬見温泉駅 徒歩10分住所:〒999-6211 山形県最上郡最上町大堀878(地図)周辺のお店:ぐるなび 酒田×定食・食事処情報掲載日:2015年3月14日 旅先でふらりと立…

『ホヤと萬画の街へゆく。世界ホヤEXPOin石巻2010』

東北の夏の味覚といえば、やっぱり岩ガキとホヤ。 日本海側では岩ガキが割とポピュラーですが、ホヤとなるとやはり三陸沖(太平洋)でとれるものに限ります。そんなホヤ好きの私ですが、なんだか石巻でホヤの大きいイベント『世界ホヤEXPOin石巻(7/17~18)…

『道の駅豊栄のタレカツ丼・新発田城』(新潟旅行2/2・新潟市新発田市)

(新潟旅行1/2・燕市)からの続き 翌日は、草刈り機の騒音で午前5時くらいに目覚めてしまった。 公楽園の直ぐそばは、見渡す限りの田んぼである。 朝の7時にチェックアウトを済ませ、ぶらりと新潟市内をドライブする。 その後、豊栄のパーキングエリア『道の…

『公楽園』(新潟旅行1/2・燕市)

その店は、えらく遠いところにあった。 朝霧の白山島(はくさんじま) 午前9時に出発し、新潟のパチンコ屋「ajax」を午前11時通り過ぎ… お昼は新潟ローカルの弁当・食堂チェーン「たわら屋」にて摂る。 唐揚げ定食¥530 福島乙とは… お前は笑っているのか、…

『春の18きっぷ北東北一回りの旅.3』

盛岡駅に到着し、さっそく名物の「盛岡じゃじゃ麺」をいただきました。 盛岡じゃじゃ麺 - Wikipedia 盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店ジャンル:そば・うどん・麺類(その他)住所: 盛岡市盛岡駅前通1-44 盛岡駅ビル フェザン 南館 B1Fめんこい横丁この…

『春の18きっぷ北東北一回りの旅.2』

ホームからの眺め 青森駅周辺 青森ベイブリッジ クリックして「オリジナルサイズを表示で拡大」で大きく表示されます。 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸 お昼は駅ビル「ラビナ」の一階吉野洛匠で購入した帆立の釜飯 折詰め寿司、弁当専門店「吉野洛匠」 …

『春の18きっぷ北東北一回りの旅.1』

<今回の旅のルート> 大きな地図で見る 秋田経由で青森駅まで(14:43着)一気に行きそこでお昼。 弘前駅まで一旦戻りそこから高速バスで東北自動車で盛岡へ到着。 盛岡で一泊した後横手経由で山形へ帰るルート。 青森から八戸経由で「青い森鉄道快速」へ乗り…

『雨降る郷の瀬見温泉』

特急みのりで瀬見温泉へ 新庄駅で停車中の「みのり号」 14:56分発の電車で瀬見温泉に向かいます 落ち着いたラセットブラウンの外装 特急料金分内装もゆとりのある造りです ここで、新庄市にある「ハンズバーガー」のハンズバーガー&オニポテセットを 出発ま…

『瀬見温泉湯治(2)』

瀬見温泉駅から、長い下り坂を5分程ゆっくり歩くと見えてきたのが 今回泊まる湯治宿『喜至楼』です。 ホームページの方では、 山形県内に現存する最古の旅館建築物 創業は江戸安政年間。元々宇和島藩の家臣だったご先祖様がこの地に移り住み、湯宿を始めまし…

『瀬見温泉湯治(1)』

ぼくは、つらつら人生におけるささやかな「句読点」が欲しいと いつのころからか、想うようになりました。 さて、なにが一番ふさわしいか、ネットサーフィンなどをしつつ思い倦ねていたのですが とあるサイトで、温泉街のおいしそうなカツ丼がされておりまし…

『日光へ(青春18きっぷ)』

さて翌日、宇都宮駅日光線のホームにて。 「日光杉並木」弁当 二段重で、わっぱ飯の容器のようなもの 鶏の炊き込みご飯 湯葉の煮物 海老の唐揚げ 筍とわらびの煮物 かまぼこ 等 30分程時間があったので、駅弁を朝食に。 車中にて 日光には40分後に到着。 日…

『餃子の街を行く(青春18きっぷ)』

辿り着いたは、宇都宮。その名も轟く餃子の街にござい。 安ホテル(一泊4500円)の窓から、駅前を一枚。 お目当ての店は、宇都宮みんみんと餃子専門店「正嗣(まさし)」の二店舗。 ホテルに着いて息も付かずに、どうせ行くなら、と本店を目指します。 ◆ 宇都…

『夏の18きっぷまとめ(東京編二日目)』

まだまだ暑い盛りの上野御徒町の駅を降り、歩くと程なく 昔ながらの趣きがある小さな甘味処が見えてくる。 湯島「みつばち」 まずは、炎天下の中歩いてきたので、冷たい緑茶をグイッと飲み干し、すかさずお代わり。 特製小豆アイスの入ったモナカに均等力を…

『夏の18きっぷまとめ(関東・鎌倉編二日目)』

9時少し前にホテルを出て再び鎌倉に向かう。 藤沢駅の近くにあった『藤沢宿 歌川広重』 夏休みのお店がちらほら。 先ずは鶴岡(つるがおか)八幡宮へ 正面 満開の蓮池 舞殿 大石段と本宮 大銀杏 門前町では鎌倉彫のコースターなどを購入。 ◆ 次いで江ノ電に…

『夏の18きっぷまとめ(関東・鎌倉編一日目)』

早朝6時に出て、鎌倉の駅に辿り着いた頃には、午後の6時を回っていた。 この間食べたものは、お昼前に仙台駅での牛タンコロッケそばだけ、実際に牛タンが入ってるかは怪しい… ついでにサンドイッチ等も購入。 夏と言えども、6時だと結構暗い、そしてまだ暑い…

『仙台の魔窟食堂、北京餃子に行く』

北京餃子 (広瀬通/中華料理) 北京餃子 - 広瀬通/中華料理 [食べログ] フォーラスの裏口といったところから薄暗い地下に続くせまいエスカレーターを降り 昭和の残滓が濃く凝り固まった様な地下街の更に突き当たりにひっそりとある食堂 この寂れ感はもはや現代…

『オクトーバーフェストに行ってきた』

駅前に咲くアジサイ 南東北が梅雨入りし、不安定な天気だったので不安だったが、 仙台に着き、お昼を摂ったあとはちょうどよい晴れ上がりを見せた。 クリスロードのツルハ横、地下街「レストランカノウ」3千円ランチの〆のデザート盛り合わせ 仙台駅から徒…

『青春18きっぷで行く会津若松、喜多方の旅(喜多方編)』

会津若松から40分程バスに乗り、喜多方駅前に到着。 喜多方ラーメンのお店に行く間それ程「蔵」的なものは見かけなかった気がする。 20分程歩いて辿り付いたのが、喜多方ラーメンで有名な「ばんない(坂内)食堂」 この店は朝7時から営業している。ラーメン…

『青春18きっぷで行く会津若松、喜多方の旅(会津編)』

眠たい目をこすって一番列車を待つ。 それも旅の楽しみだ。 3月1日から、4月10日まで有効のJR特別企画乗車券(青春18きっぷ)の期限も近くなり、5日分の有効期限も、前回と前々回の東京と飛騨高山で4日分を使ったので、残り1日分となった。そこで、いまま…

『青春18きっぷ強行軍東京上陸編ラーメン二郎やベルクに行く・後編』

上野駅から新宿へ 駅前 エレキベースをスゲーいい音のアンプに繋げてJaco PastoriusのContinuum的な音を鳴らしていたおっちゃん ●参考 ラーメンの屋台は都市部の食文化 上野のネットカフェに行く前に秋葉原もちらっと かんだ食堂はもう閉まっていた。 翌朝7…

『青春18きっぷ強行軍東京上陸編ラーメン二郎やベルクに行く・中編』

大きな地図で見る ●この辺です 西口マルイシティが見えたら左に芸術劇場が見えるのでそこから少し歩くと蒙古タンメン中本が見えてくる。 午後6時前に並び30分程並ぶ。 蒙古タンメン ラーメン単体で見ると、割と辛目の味噌タンメン。味はまぁ普通(並の下) …

『青春18きっぷ強行軍東京上陸編ラーメン二郎やベルクに行く・前編』

■あらすじ 朝6時10分の普通列車(&快速)を7回乗り継いで、午後5時7分に池袋に到着 ラーメン二郎のぶたラーメンニンニクマシを食べる。 蒙古タンメンで蒙古タンメン。 流石に気分が悪くなり、マクドで休憩。 上野で夜桜を見た。 新宿駅前を撮影。 上野のネ…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(高山編・後)10』

筏橋から見た中橋 程なく、古い町並みがある通りへ 酒蔵がこの古い町並みの3つの通りに集中している。 観光用の人力車 地酒ゼリーが名物という「原田酒造場」へ 中には大きい酒林があった。 地酒ゼリー/一個¥300也 アルコール度数3%で思ったより酒の味は…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(高山編・中)9』

翌朝、朝食もそこそこに高山市内を観光しつつ撮影。 飛騨国分寺 庚申堂そばに有るさるぼぼ供養の棚 三重塔 鐘楼堂 推定樹齢1200年の大イチョウ。鐘楼堂と比べてもこの大きさ(幹周10m、高さ37m) お土産の朴葉味噌を買ったお店にて、だいぶ使い込んだレジ。 …

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(看板編)8』

18~19日に高山駅周辺で撮影 ご当地牛乳 歓楽街の看板 フォントが面白い喫茶店「円」 2世代くらい前のフォントのKodakの看板 フィルムあり〼 萬人満足菊鶴足袋 居酒屋あーちゃん○あ〜ちゃん× 高山駅前のファミマではさるぼぼを大プッシュ中 岐阜県の側溝カバ…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(高山編・前)7』

午後7時前にようやく高山駅に戻り、駅前のホテルにチェックインしたらさっそく夕食へ。 『飛騨の味酒菜』 つきだしは、結びこんにゃくの柚子胡椒煮ミョウガ添え 飛騨牛の串焼きと朴葉味噌串カツ 飛騨牛もつどて煮 飛騨牛すじ大根 あっさりとした良い出汁が出…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(白川郷編・後)6』

この辺りが頂上になるだろうか 山あいのひっそりと佇む合掌造りが見える ここから下ゴソ地区を下りつつ撮影。 棚田を見下ろす 苔むした石垣の斜面からは水が滴る 残雪 アングルを変えて2枚 棚田にとけ込む様な合掌造り 下ゴソ地区の家々 マンホールも記念に…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(白川郷編・中)5』

斜面から小川の様につたい流れる水 先程の小屋をアングルを変えて撮影。 芽吹く緑。苔むす木々。 展望台まで8分目という所で、ようやく白川郷全体を見渡せるようになった。 坂道を歩いて7.8分で、城山展望台兼食堂にたどり着く。 中はいかにもロッジといった…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(白川郷編・前)4』

高山駅前の濃飛バスセンターから、予約制の白川郷経由金沢行きの12:50分発高速バスが出ているのでそれに乗る。 インターネットで座席予約ができた。 高山市内を抜けるとまもなく高速道路に入る。 40分程バスに揺られると白川村までたどり着く。 駐車場 白川…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(猪谷〜高山到着編)3』

富山駅からは、高山本線をワンマン車両に乗り換える。 11:19分に猪谷に到着 今までの海辺の駅から、ドンドン内陸部へ移動し、山あいに移動している。 駅の近くで神岡鉱業の建物を発見。調べると、今は使われていない社宅らしい。 既に乗り換えの車両が用意さ…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(直江津〜富山編)2』

6時発の 貨物列車が 窓の彼方で ガタゴト 朝焼けが 燃えているので 窓から 招き入れると 笑いながら 入りこんで来て 暗い顔を 紅く染める それで 救われる気持 終りの季節 - 細野晴臣 電車は岩塚付近の赤い橋を通り過ぎる。 柏崎まで来ると、日本海が見え始…

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(出発編)1』

午前5時前の新潟駅は、人もまばらでまだ日の出前の静けさに包まれている。 5時18分発の長岡行きをしばし待つ。 出発には20分程時間があるが、早めに乗り込む。 日本の車窓から…。 目的地に行くまでする事も無いのでひたすら窓から写真を撮った。 新津駅、田…