読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(猪谷〜高山到着編)3』

 富山駅からは、高山本線をワンマン車両に乗り換える。

11:19分に猪谷に到着

今までの海辺の駅から、ドンドン内陸部へ移動し、山あいに移動している。

駅の近くで神岡鉱業の建物を発見。調べると、今は使われていない社宅らしい。

既に乗り換えの車両が用意されていたので、すぐに乗り換える。

車内のいい感じに古い扇風機が気になった。夏には稼働するんだろうか…


近くに鉱山があるだけに、岩と山と急流の感じが強くなってきた。


打保(うつぼ)駅を通過して、更に川を遡る。


途中、気になる物を発見


関西電力坂上水力発電所と坂上ダム

杉崎駅手前で、車窓からようやく「飛騨」の文字を確認した。

飛騨古川駅を通過すると…

12:28分、ようやく高山駅に到着する。

7時間10分の電車の旅は、一区切りついたが、これから白川郷へ向かうので駅右手の濃飛バスセンターへ向かう。

白川郷編に続く