読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

『初夏・銀山温泉』

 初めて行ってきた銀山温泉

山の谷間に清流が流れており、その両側に沿うように古風な旅館が建ち並ぶ小さな温泉街




温泉街の突き当たり側から撮った一枚

川の源流にあった橋

この滝から流れ出る水が温泉街を流れ、其処には鮎などもいた



紫陽花とバッタ

温泉街の喫茶店でパインサイダー             桑の実

あちらこちらに咲く花






温泉街入り口の尾花沢蕎麦の店で食べた河北町発祥の「冷たい肉蕎麦」
鶏肉の食感とあまいツユ、良く〆てある蕎麦が清涼感を誘う

かぶらと山菜の漬物や舞茸の天ぷらも格別に美味かった。