読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

『北京餃子の夕べ』


北京餃子とは
仙台フォーラス地下二階、カラオケ屋の更に奥。
退廃的な世紀末、日の当たらぬ地下壕を連想させる
知らぬ人なら知らぬ、汗と脂の謎の中華屋である。
価格は社員食堂、量は学生街食堂、味はまぁまぁな
過度な期待はせず、空腹の時に訪れるには最適な場所である。

今回は2度目。前回→『仙台の魔窟食堂、北京餃子に行く』

ピリ辛海老チャーハンは、スープとあんかけ焼きそば付き。
チャーハンの量は、通常中華屋の1.5倍。
お店によっては、この半分の量でも十分商売していける量である。

90円の餃子も、「王将系」と遜色無く、たまにハズレの店だと
うまく皮が包まれてないところもあるがココはそんな事はない。
普通にうまし。

駅前AER

クリスロードや、一番町


仙台駅名物のタクシー行列