海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

『春の18きっぷ北東北一回りの旅.3』


盛岡駅に到着し、さっそく名物の「盛岡じゃじゃ麺をいただきました。

盛岡じゃじゃ麺 - Wikipedia

盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店

食べログ盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店


大盛り(温)じゃじゃ麺 ¥670
初食い。麺は少し茹で過ぎでコシがなかった。うどんの様に水でしめた方が好み。
肉味噌のひき肉の食感も少なめ。テーブルには七味 おろしニンニク 酢などが乗っかっていて
後から好みの味付けにする方式になっている。あらかじめ味噌にこれらの調味料を
出す直前に加えればもうすこし楽に食べられると思うのだが…何かいまいち。

お店をでたら午後8時半を過ぎていたので駅から10分程のビジネスホテルへ

ホテルエース盛岡』高速インターネット(有線)と朝食付きで4000円。
朝食もおいしかったですし、まぁこんなもんじゃないでしょうか。


青森駅の『吉野洛匠』で買った寿司の折詰めと青森の地酒「じょっぱり」
なかなか辛口で美味いです。こういうのも旅の楽しみ。

翌日、盛岡駅から横手市に向かいます。


ホームから見える岩手山

スキー板用のロッカーや巨大な南部鉄器


岩手銀河鉄道の改札

北上駅経由で横手に向かいます。

湖面が凍結していた錦秋湖(きんしゅうこ)

横手市にはお昼前に着きました。9:42~11:55

横手市のマンホール

けっこう無茶な取って付けた感のあるデザインポスト

居酒屋風のお店「食い道楽」で名物の『横手焼きそば』を頂きました。


大きな地図で見る

割りと太麺に甘めのソース。所謂ふつうのソース焼きそばですね。

さて お昼を食べたところでそろそろ山形行きの電車に乗り今回の旅はお開きです。