読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015「人間蒸発」鑑賞

山形 YIDFF

www.yidff.jp

山形美術館ドキュメンタリー映画祭

会場は山形美術館で。

プログラム

嘘つきはドキュメンタリーのはじまり?

10月9日最初の演目『人間蒸発』監督:今村昌平/1967/130分

モノクロ映画です。

人間蒸発と言っても『美女と液体人間』のような怪奇特撮ではなく蒸発=失踪の意味です。

初めてのドキュメンタリー映画祭参加だったので上演している会場を間違える痛恨のミスで冒頭20分を飛ばしてしまいましたが、結論から言うとすごく面白かったです。結婚を誓った男が蒸発したので婚約者と監督(役の露口茂)が消息を辿る…編集に癖があるので最初の数十分は目眩のするような感覚で混乱するが後半の一時間の展開が息を呑みます。全編が多重なレイヤーで表現されていて終盤の物語の収束からの脱構築は白眉でした。会場の雰囲気は手弁当というかなんというか美術館の一室にパイプ椅子を並べて一番後ろの座席のすぐ奥でオープンリールの映写機が回っているとか、なかなか普通の映画館では体験できない経験。リールを交換する音もテープのきしみ音もすぐそばで聞こえます。

十字屋

十字屋ファミリー食堂

十字屋ファミリー食堂

ドムドムバーガー

11日に再び山形市に行き、ドキュメンタリー映画祭にて白石晃司監督の『戦慄怪奇ファイル超コワすぎ!FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪』を、翌12日は森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」』を鑑賞したいと思います。