読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

『1000円で作る撮影ボックスを346円で作ってみた。』

写真 ネタ

■元ネタであり、参考した神サイト※Linkオークション出品写真の撮り方
■該当Linkページ1,000円で作る撮影ボックス

さっそく、レシートから

  • プラボール板が1800×900ミリで298円
  • 透明ビニールテープが48円

ホームセンターコメリで購入。
 今回、予想よりずっと安く仕上がった要素として、プラボール板(元ネタ先では半透明サンプライの名称)を大きいサイズで購入した事が挙げられると思う。900×900ミリの板も有ったがそれを2枚購入すると意外に高くなってしまうので、車に積む事前提で大きいサイズにした。
 180センチの90センチなので、ぎりぎりコンパクトカー(ヴィッツやフィット等)に収めることが出来たが、運転中センターミラーで後方確認が出来ないので注意が必要。

さっそく、道具を準備してカット


■他に用意する物

  • 巻き尺(出来れば金属製)
  • 寸法図(いつでも確認出来るよう)
  • 鉛筆(濃いめ)
  • カッター
  • 金属製の物差し(切るときのガイド)
  • 新聞紙やカッターシート(床の保護用)

後は、取り回しのしやすい広い場所。

寸法通りにカットしていく


同じサイズを2枚切る場合は、先ず1枚切ってからそれをガイドに鉛筆で線引きすると楽。
3、4回余り力を加えず、なぞる様に切ると楽だ。

切り終えた物

テープで接着

前板、側板、背板を手順通りに繋げていく。特に難しい事は無い。

片方の箱が出来た所。同じ様にもう片方も接着する。前板のサイズだけ寸法通り作ると非対称に仕上がる。

組み立て

次に、白い紙か布(今回はエプソンのスーパーファイン紙A3を2枚繋げたもの)を洗濯バサミで挟む。

天板を乗せて完成。

試写

適当な素材として、コンタックスT3を使用。
まだ、影が出るので、ライティングを増やしたり、工夫が必要。


片付け


このように、使用後折り畳んでコンパクトに収納出来る。