読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

フォトブックサービス『TOLOT』で500円ポッキリのフォトブックを注文してみた。

雑記 写真 フォトブック

seiichirou-02.hatenablog.com

以前撮影した夜桜の写真をネットプリントで注文してみようかなぁ?と思い、いろいろなサイトをブラウジングしていたときに偶然見つけた「TOLOT(トロット)」というフォトブック専門のサービス。

tolot.com

なんでも、64ページフルカラーのフォトブックが500円(送料込み)で注文出来るらしい。なかなか安いかも?

( ´-`)。o 0(写真の枚数が多いならこういうのも、面白いかもなぁ…)

どうやら専用のアプリをPC(要AdobeAIR)やiPhone/Android用にDLしてから製作するらしいので早速落としてみました。

アカウントのログインはSNSのアカウントからでも出来ますので今回はtwitterのアカウントで登録しました。

PC版アプリの場合

WS000001

  •  フォトブックを作る を選ぶと

PCのHDDにあるJPEGをそのまま選んで作成します。

  • 連携ファイルを取り込む

こっちは専用のレイアウトアプリでページに写真を割り振ってから、その専用ファイルを読み込ませる。

自分の場合は…

撮影が終わったら、PCに読み込ませてFlickrにアップロードしてどんどんHDD内の写真を消してしまうので手元にはJPEGファイルがありません。

そこで、Flickrのファイルからでもフォトブックの「連携ファイル」が作成できる『PhotoLeaf』(無料)を利用しました。

www.photo-leaf.com

WS000001

まぁ見たまんまですが、下段のFlickrサムネイルから写真をドラッグ&ドロップで割り付けできます。但し、だいぶサムネイルのサイズは小さいですね…。

一応写真をクリックすると別ウィンドウで大きく表示出来ます。

ページ毎に割り振りも出来ますが、横写真が多いので上下の余白が大きくなります。そこで「見開きページ」 にもできるので今回は全て見開きに指定しました。

レイアウトが終わったらファイルを専用ファイル形式に保存してフォトブックのアプリで展開します。

WS000002

連携ファイルが指定通りのレイアウトで展開されました。 

見開きなので合計31枚分62枚。表紙、裏表紙を合わせて64ページになりました。

更にここから、撮影日とか撮影者などちょっとしたメモも最後ページの「奥付け」に追加できました。

注文が完了したら

必要事項を書いてケータイ決済やクレカ払いなどを済ませると、製本状況が確認できるメールが届きます。

マイページで確認しましょう。

WS000001 WS000001 WS000001

20日の夜に注文して25日のお昼には到着しました。

24日には発送されていたので中三日あれば出来るようです。(たぶん)

到着

フォトブック注文 フォトブック注文 フォトブック注文

フォトブックのサイズは手帳サイズのA6です。(A4用紙の1/4サイズ)

写真ではちょっと分かり辛いですが、本の表紙にはセロファンのブックカバーが掛けてあります。

フォトブック注文

肝心の画質は?

紙質は、インクジェットプリンターの「写真用紙」や写真屋の「印画紙」よりは薄いです。それよりやや薄い「印刷用紙」と言った感じ。

写真屋の「印画紙画質」に比べるとやや劣りますが、「印刷物」だと考えればだいぶいい方だとは思います。

また、綴じの部分がややあるので上記の写真のように左右に明確に主題が分かれている場合は問題ありませんが、下記のような「日の丸構図」に近いものは注意が必要かも知れません。

フォトブック注文

 500円でフルカラー印刷と考えれば十分に納得出来るクオリティでした。