読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海象ノ日記

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに 歌われる歌よ 今日も街に流る (シャルル・トレネ)

『青春18きっぷで行く飛騨の旅(白川郷編・後)6』


この辺りが頂上になるだろうか

山あいのひっそりと佇む合掌造りが見える
ここから下ゴソ地区を下りつつ撮影。

棚田を見下ろす


苔むした石垣の斜面からは水が滴る

残雪


アングルを変えて2枚

棚田にとけ込む様な合掌造り



下ゴソ地区の家々


マンホールも記念に撮影



一旦市街部に降りて、明善寺の庫裏と県指定天然記念物のイチイの木を見る。
飛騨地方の一位一刀彫はこのイチイから作られる。
6時のバスが来るのでこの辺で再びバスの停留所に戻り高山市に戻る事に。
高山編に続く